内科・糖尿病/代謝内科・消化器科・循環器科・人工透析内科・放射線科

もの忘れ外来(予約制)

 高齢になってくると誰でも、もの忘れが増えてきます。多くの場合は加齢による変化(良性健忘)ですが、認知症が始まっている場合もあります。認知症は早い段階ほど、薬の投与で進行を遅らせたり、症状の改善を図ることが可能です。当院では、認知症の早期発見・早期対応を目的として、精神科/心療内科の専門医師によるもの忘れ外来を月1回:第1木曜日(午前中)に行っています。

もの忘れの症状

  • ものの名前が思いだせない
  • しまい忘れや置き忘れがある
  • 大事なものを失くすようになった
  • 何度も同じことを言ったり、尋ねたりする
  • 薬の管理ができなくなった
  • 趣味や好物に対して興味が薄れた
  • 慣れているはずの道で迷った
  • 鍋をこがしたり、水道の閉め忘れが目立つようになった
  • 以前より怒りっぽくなった
  • 被害妄想(財布を盗まれた、悪口を言われたなど)

このような症状を感じていたら、お気軽にご相談下さい。

【もの忘れ外来担当医】

  非常勤:中田滋寛

  非常勤:田宮千愛