内科・糖尿病/代謝内科・消化器科・循環器科・人工透析内科・放射線科

生理検査

心電図検査

 心臓全体の働きを調べることで心臓疾患の発見や診断、病状の把握、治療効果の判定、薬の副作用の発見など、心臓に関する多くの情報を得ることができます。苦痛がなく外来で簡単に行うことができるので、心臓疾患に関して基本とも言える必須検査です。検査時間は3~5分程度です。

 異常が見つかった場合、24時間の心電図を記録するホルター心電図や心臓超音波検査(心エコー)を行います。その上で必要に応じて循環器科の専門医に紹介し、負荷心電図や心臓カテーテル検査、心筋シンチグラフィ、心臓CT検査などの専門的検査が必要となる場合もあります。

ABI/PWV検査(動脈硬化検査)

 手と足の血圧を比較し、脈の伝わり方を調べることで、動脈硬化の程度や早期の血管障害を調べることができます。検査時間は5分程度です。

 測定した血圧を元に機械でABI(足関節/上腕血圧比)とPWV(脈波伝播速度)を測定します。ABIの数値が0.9以下の場合は動脈硬化が強く疑われ、さらにPWVの数値が1350(年齢によって異なる)以上の場合は、動脈硬化の進行を示します。くも膜下出血や、脳梗塞、狭心症や心筋梗塞などの病気にかかりやすくなっているため、高血圧や脂質異常症の方は積極的な治療が必要となります。

ABI/PWV測定風景
ABI/PWV測定風景